お金とは……続き

お金と時間はイコールなんでしょうか?

の続きです。

私はイコールではないと思います。時は金なりという諺もありますが、時間とお金を引き換えにすることができるということであってイコールではないですね。

イコールをつけるならば、命と時間はイコールではないでしょうか。人生は生まれたときから死ぬまでの時間です。人生、命、その人の持っている時間はイコールをつけてもいいんではないでしょうか。

お金と時間を交換できることは我々も理解できているはずなのですが、時間は空気のように見えない。なくなりかけたときに気がつく。あるいは気がつかないまま人生を終える。そんな人が多いような気がします。

潤沢にあった時間は人生の終わりにさしかかったときに、あとわずかしか残されていないことに気がつくのではないでしょうか。

我々は限りある時間の中に生きている。

そして、その時間を意識することは少なく、無駄に、楽しむこともなく、喜ぶこともなく過ごしてしまうことが多いのではないかと思います。

 

セネカという哲人が時間について書いています。うろ覚えですが「人生の短さについて」とかいう題名だったような気がします。大昔からみんな時間を無駄遣いしていたんだなあと、ふと考えたりしています。

カテゴリー: 時間、人生   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>